2008年 02月 20日

白梅の気品。

石焼き芋屋さんと別れたあと、ふと思い立って海岸を離れ、長谷に向かった。
光則寺の庭に咲き始めた白梅を見る。清廉な色香と呼ぶべきか、豊潤な無垢と呼ぶべきか、気品という言葉に代表させることにしよう。
寺の裏山から山道をたどって七里ヶ浜に戻った。
(08/02/17 CANON EOS 40D)
b0022268_22205795.jpg


by hirofumi_nakayama | 2008-02-20 22:21 | in Kamakura city | Comments(0)


<< 彫像になった猫。      人間国宝、もう一人。 >>