2008年 06月 16日

裸の背中。

南の海の上に梅雨前線が停滞しているけど、ひたひたと夏の季節がすり足で寄り添ってくる。稲村ヶ崎の東の磯。沖の海の上をカヌーが通り過ぎてゆく。
(08/06/15 CANON EOS 40D)
b0022268_22184014.jpg


by hirofumi_nakayama | 2008-06-16 22:19 | sea,shore,beach | Comments(4)
Commented by ぷろとん at 2008-06-16 23:38 x
わ~、シーカヤックしてみたいです。西宮でも借りられるそうですが、こんな相模湾で漕いでみたいです。
Commented by biwakokayo4 at 2008-06-17 14:21
今日も30度と暑いです。
背中が逞しい後姿の男性は外国人みたいに見えました。
手すりを白だったら風景がもっと外国風に見えますね。
のんびり海を眺めて過ごすなんて贅沢な時間ですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-06-17 22:04
ぷろとんさん、そう、シーカヤックでした。坂ノ下から走りながら、ここまで追ってきました。この日、波がなくて、気持ち良さそうでした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-06-17 22:06
biwakokayoさん、そう、背中の主は、西洋人でした。
こうして見ると、あの背中が、全画面を支配していますね。
見事な存在感でした。


<< 季節のアンカーポイント。      七里ヶ浜の夕景・6月15日篇。 >>