2008年 07月 15日

美しき誤解。

「なんだ、昨日と同じような。どこ?」
「由比ヶ浜の公園」
「でも、何にもない。焦点もないし、華もない」
「かな?」
「何があんの?」
「家族の愛、空気に浮かんでる」
「見えない」
「見えにくいからね」
「ひとりよがり」
「え?」
「勝手に思ってるだけの写真。美しき誤解、ってきれいに言えばね」
「表現は、ひとりよがりでしか、あり得ないでしょ」
「みんな、そう言うよね」
「おれ、酔ってる?」
「そう、いつもの通りじゃん。表現なんて、おこがましい」
(CANON EOS 40D)
b0022268_2251557.jpg


by hirofumi_nakayama | 2008-07-15 22:20 | in Kamakura city | Comments(13)
Commented by kayo at 2008-07-16 05:30 x
文章に相槌をうちながら・・・・
赤い服を着た男の子が走っているから動きがあり
それを見ている立っている人との関係があり
手前の自転車に思いを馳せ・・・
写真は見えないものまで写せるのですね。
Commented by でんきがま at 2008-07-16 10:48 x
その瞬間に起こることが切り取られていますね。
多重に起こる出来事の重なりが面白いです。
Commented by na-na_1001 at 2008-07-16 11:40
hirofumiさんの写真はいつも何かを語りかけてくれるのでそれを
感じられた時、とっても嬉しいんです。
誕生日、正解でーす♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-07-16 22:57
biwakokayoさん、時々、自分の写真に迷うことがあります。
kayoさんのコメントは、毎回、迷うことの無い名作です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-07-16 23:06
でんきがまさん、「多重に起こる出来事の重なり」、見事な切り取り方ですね。私の感情が用意した以上の言葉でした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-07-16 23:17
na-naさん、私の母と1日違いの誕生日でした。
ときどき自分の写真に迷うことがあり、迷ったままアップしてしまったりすると情けなくなりますが、コメントありがとうございました。情けなくはなくなりました。

Commented by でんきがま at 2008-07-17 12:02 x
写真を見ながら考えました。
人が写っているときはその人達が何をそのときに考えているだろうか?と思いながら撮ります。

一昨日、40D帰ってきて早速使っています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-07-17 23:03
でんきがまさん、なるほど、人に対する想像力の問題ということですね。
40Dのカムバック、よかったですね。
これからの季節、汗がカメラに入り込まないか、心配です。
お互い、愛機を大事に使いましょう。
Commented by でんきがま at 2008-07-18 09:41 x
僕の場合はよく車の後部座席で転げているので、気をつけたいと思います。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-07-18 23:04
でんきがまさん、そうですか。お話を聞くと、レンズにも気をつけて下さいといいたくなりました。

Commented by でんきがま at 2008-07-19 10:10 x
鏡塔がのびたままで転がすと片ボケの原因になります。
特に高倍率ズームが危険ですね。

転げる原因は道に鹿が飛び出てきたりするんですよ。笑
当たると廃車です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-07-19 20:50
でんきがまさん、鹿が飛び出したりするんですね。びっくりです。
こちらでは、トンビに手にしていた食べ物を取られるくらいしか、生き物にびっくりすることはありません。
Commented by でんきがま at 2008-07-22 13:09 x
実は以前、鹿に激突したことがあります。
そのときは軽症で済んでよかったのですが、大体みなさん廃車ですね。

鹿を見かけるのは夜ですが、道の側でよくお食事をしているようです。


<< 10年後の名作。      砂浜の夏。 >>