2008年 08月 13日

小動崎。

東の稲村ヶ崎から西の小動(こゆるぎ)まで、小さな岬のように突き出たふたつのポイントの間に、七里ヶ浜の長い砂浜が続く。小動崎までくると、また七里ヶ浜の別の景色が見えてくる。ここは、この海で採れたシラスの直売所。
(CANON EOS 40D)
b0022268_22582790.jpg


by hirofumi_nakayama | 2008-08-13 22:59 | sea,shore,beach | Comments(6)
Commented by na-na_1001 at 2008-08-14 11:10
このあたりは車で通過することが多いのですが、浜辺に下りてみるのも
いいですね。ちょっと車が停めづらいけれど・・・
直売所があるなんて知りませんでした。生シラス大好きです!
Commented by でんきがま at 2008-08-14 19:24 x
こゆるぎ読めました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-08-14 21:48
na-naさん、逆にクルマが停められないので、風情が残っているようです。江の電の腰越駅から歩いても5分くらいです。

Commented by hirofumi_nakayama at 2008-08-14 21:52
でんきがまさん、鎌倉時代には、要所中の要所だったでしょうね。
江の島に遊んで、鎌倉に入る手前。ここを越えれば眼と鼻の先に鎌倉。京都から旅をしてきた幾多の人が、特別の感慨を持った場所でしょうね。
Commented by biwakokayo4 at 2008-08-17 19:53
生シラス・・・こちらでは見かけませんが、
釜揚げや干したシラスは大好きです。
おしゃれな七里ガ浜とは別の日常の生活が
見られておもしろいです。
この女性がいることで生活感が高まりいいですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-08-18 22:50
biwakokayoさん、女性はこの直売所の方で、「撮らして下さい」と声を掛けると、「ああ、いいよ」と動じないで、階段を登っていきました。


<< 七里ヶ浜の夕景・8月14日篇。      昼間の花火・第2弾。 >>