2008年 09月 14日

コスモスの丘。

鎌倉山の南斜面で、海を望む丘の一隅に、今年も元気にコスモスが咲いた。
(CANON EOS 40D)
b0022268_19512681.jpg




b0022268_19564253.jpg


by hirofumi_nakayama | 2008-09-14 19:52 | in Kamakura city | Comments(10)
Commented by kayo at 2008-09-15 06:19 x
>今年も元気にコスモスが咲いた。

毎年咲いて楽しませてくれるといいですね。
私は昨年撮影した場所に様子を見に行ったのですが、
雑草が生い茂っていて・・・・。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-09-15 19:49
biwakokayoさん、この1年の間に、近くの幾つかの空き地に家が建ち、楽しみにしていた野草の花を見ることができなくなりました。
広町の森という里山に田んぼが開墾され、そのかわり、野草の宝庫だった原っぱがなくなりました。
一年ごとに出会える花は、愛しいです。
Commented by 湘南浜童 at 2008-09-16 06:36 x
また咲いてくれましたか。
これは散策をしないといけませんね。
ところでその先の突き当たり、お家?は建ちましたでしょうか。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-09-16 23:12
湘南海童さん、そうです。そこです。
突き当たりは、ロープが張られていますが、まだ工事は始まっていませんよ。
Commented by でんきがま at 2008-09-17 16:07 x
リハビリにコスモス一面に咲いている写真を撮りたいと思っています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-09-17 22:49
でんきがまさん、お久し振り。
リハビリ? これだけ多方面に活躍されている活動的な方の言葉にびっくりしました。
コスモス、どうしてこういやされるのでしょう。不思議な力がありますね。
Commented by でんきがま at 2008-09-18 02:46 x
これが撮りたいって物がなくてしばらくシャッターを切ってなかったです。
あまりうろうろしてないからかもしれませんけど。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-09-18 22:57
でんきがまさん、松尾芭蕉が述べた「見るもの花にあらざるはなし。思うもの月にあらざるはなし」という言葉が、いつも私の頭の隅をよぎります。
Commented by でんきがま at 2008-09-22 17:01 x
どういう意味だろうと検索してみたら、1周年のときにコメントされていました。古文苦手なのでまたの機会に調べてみます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-09-22 23:13
でんきがまさん、よっぽど私の体の中にしみこんでいるのですね。
1周年でそうコメントしたとは、ちっとも覚えていませんでした。
こちらの気持ちの集中の仕方によって、見るもの全てに意味が見える、見るもの全てに華が感じられる、ということと理解しています。
ある若い日、旅している途中に感じたことを、芭蕉の言葉の中に見つけてびっくりしました。


<< 曇天の七里ヶ浜。      由比ヶ浜・夏から秋へ。 >>