2008年 09月 15日

曇天の七里ヶ浜。

降りそうで降らずに、時々は空が明るくなったりした。墨汁を薄めて垂らした和紙を見るような一日だった。
(RICOH GR DIGITAL 2)
b0022268_19395695.jpg




b0022268_19421743.jpg


by hirofumi_nakayama | 2008-09-15 19:49 | sea,shore,beach | Comments(4)
Commented by kayo at 2008-09-15 23:47 x
晴れたいいお天気の美しい景色もいいけれど、
こういう渋めの写真も素敵ですね。
1人の男性が海辺にいるだけで絵になり
ストーリーが出来そうです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-09-16 23:10
biwakokayoさん、表情の乏しいと思われる日に、実は豊富な諧調が隠されているはずです。それを引き出すことができるかどうか、カメラマンの眼が試されます。応えられたかどうか。
Commented by chizu at 2008-09-16 23:59 x
hiroさんの写真を見るようになってから、こんな曇り空の下の海も好きになりました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-09-17 22:44
chizuさん、「見るもの花にあらざるはなし」という芭蕉の言葉が、座右の銘の一つです。


<< 黄色の訪問者。      コスモスの丘。 >>