カテゴリ:Basel in Switzerland( 38 )


2005年 04月 11日

バーゼルの続き。

人の住む街。街に住む人。
b0022268_23324643.jpg

b0022268_23341976.jpg

b0022268_23503821.jpg

b0022268_2335537.jpg

b0022268_2251664.jpg


b0022268_2336198.jpg

b0022268_23363768.jpg

b0022268_2337918.jpg

b0022268_23461863.jpg


More

by hirofumi_nakayama | 2005-04-11 23:41 | Basel in Switzerland | Comments(6)
2005年 04月 10日

Where the past meets the future.

 今日から金曜日までの6日間と決めて、バーゼルの写真、フライブルクの写真、それからどういうわけか、ヨーロッパの他のある街の写真を、それぞれ2日間づつ割り当てて数枚づつ掲載することにした。
 まずはバーゼルの街。バーゼルも、他のヨーロッパの古い都市のように、日常的に歴史を肌で感じることができる街だ。そのことをバーゼルの人は誇りに思っている。マルクトプラッツ、英語で言えばマーケットプレイスという街の中心地にある市庁舎は、まさにその歴史が生きている場所。バーゼルでの最初の休み時間に、トラムでマルクトプラッツに行き、市庁舎の中庭に入った。
b0022268_2294785.jpg

b0022268_2211493.jpg

b0022268_22242779.jpg

b0022268_2226832.jpg

大聖堂の前の広場の一画。ヴェットシュタイン橋のたもとにある教会の木蓮の花。
木蓮の花だけ、カプリオGXで撮影。
b0022268_22312852.jpg


b0022268_22342097.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-04-10 22:46 | Basel in Switzerland | Comments(7)
2005年 04月 09日

天涯。

 バーゼルの空に、光を放つ雲。沢木耕太郎の「天涯」という写真集のタイトルが頭に浮かんだ。ここは空の涯ではないけれど。光の放たれているところが、今、自分の涯。

 陽が昇る前にフライブルクのホテルを出て朝食までの間に走った1時間、フライブルクからバーゼルに往復する列車から、バーゼルでの仕事の合間、オフの日、夕食に入ったレストラン、などで撮りためた写真は、250カットほど。1日に1枚ずつ掲載したら、1年の3分の2がかかってしまう量になった。
 自分のホームページがあれば、ギャラリーにして紹介したいところだけれど、この1週間と決めて、セレクトして掲載するつもり。さてどんな風に。
 これからもう1本、ビールを飲んで、よく考えてみよう。
b0022268_20435774.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-04-09 20:46 | Basel in Switzerland | Comments(6)
2005年 04月 08日

飛行機雲。

 "I'm home!" 。アメリカのホームドラマだったら、こういう科白がよく出てくる。日本を離れて11日目。鎌倉駅に降り立つと、花見に来た人でごった返していた。既に散っているだろうと思っていた鎌倉山の桜も、春の浮き浮きした陽射しを受けて満開。こっちも浮き浮きして、"I'm home"、ただいま、無事に帰ってきました、と七里ヶ浜に向かうタクシーの中で、桜に向かって呟いた。
 そして、まことに、"Time flies"。時は過ぎ去る。今では、ヨーロッパにいた間が、ほんの一瞬間の幻であったような気がする。わずかに飛行機雲のような余韻を残して。
b0022268_2330933.jpg


b0022268_2322083.jpg

b0022268_233325.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-04-08 23:04 | Basel in Switzerland | Comments(8)
2005年 04月 04日

Several points I surprised in Basel.

1.Birds are singing even in the center of the city. There are lots of big trees growing naturally. Most of them are with no artificial treatment.

2.Eye-contact sign of toilets for male in the Messe is red exactly same with the one for female.

3.The daily life in Basel is extraordinary costy. For example the price of one piece of big Mac is 1,200 yen. Guests from the States get angry to see that.

Maybe three days successively from tomorrow, I will not be able to send any message as I move here and there. Next time I appear on my site will be from Shichirigahama with some photos I took in Basel or any other cities.

by hirofumi_nakayama | 2005-04-04 17:49 | Basel in Switzerland | Comments(6)
2005年 04月 02日

Germany,France ,Switzerland.

As I commented before, Basel is located in the north of Switzerland and faces the border of both Germany and France. In a train an attendant announes in Germany and French. In restaurants they have menus written in Germany and French. I feel something different from another cities in Switzerland because huge number of people from France and Germany come in and out of Basel everyday. Actually for the Basel Fair many people from another countries commute from French side or German side everyday because they stay in hotels in both countries. In my case once I went French side in twenty minutes taking a tram without checking the passort. And another time when I rode a bycycle, one hour later I found myself in French side. I feel really countries are connected directly. It is another experience I cannot feel as long as I keep staying in Japan.

by hirofumi_nakayama | 2005-04-02 19:14 | Basel in Switzerland | Comments(3)
2005年 04月 01日

Schaulager Musium.

In Basel we can see lots of renowned modern architecture. One of them is Shaulager Museum. Today during my break time I went to Schaulager Museum which was designed by H&deM in 2003. H&deM is a architecture office which was established by Mr. Herzog and Mr. Pierre de Meuron. They are famous even in Japan because they designed Prada boutique Aoyama in Japan in 2003. The Museum is also famous for its huge stock of artist's works. But, however, the Museum was closed without any information. Three Swiss persons, one American guy and me who visited there at the same time were all dissapointed. I will try next time.

by hirofumi_nakayama | 2005-04-01 23:52 | Basel in Switzerland | Comments(5)
2005年 03月 31日

The studio for metal works.

I went to the old city district during my break time. I paid a visit to the small studio locating close to the famous big church, 'Munster". The studio might be a small shop because the master of the studio sells his original works there. At the instant when I entered the studio, he said "Yeah, Hello". He remembered me. Last year I visitied here and bought some. His works are all made by metal. All fantastic and fabulous. I bought today his small work like a sculpture modeled after a helicopter. In Basel there are some interesting studios.

by hirofumi_nakayama | 2005-03-31 23:58 | Basel in Switzerland | Comments(4)
2005年 03月 30日

Letters from Basel.

Hello, How are you? I'm fine.
I've found a computer I can use. But the computer does't accept Japanese characters. So please allow me to put messages in English.
Yesterday evening I arrived at Freiburg in Germany. Today I started working in Basel in Switzerland. It's cloudy and a little bit cold but I feel rather walm than last year.
I'm thinking about sending some comments or reports on Basel from tomorrow during my break time.
See you then. Thank you for visiting my site again.

by hirofumi_nakayama | 2005-03-30 20:35 | Basel in Switzerland | Comments(5)
2005年 03月 28日

行ってきます。

 明日から4月7日まで、スイスの北にあるバーゼルという町で仕事。8日に日本に帰ってくる。
 バーゼルは、市内を流れるライン川で北海につながっているために、古くから栄えた商業都市だ。ライン川に接しているために、フランスとドイツと国境を接している。ドイツもフランスも隣町のようで、ヨーロッパでも他の都市にないユニークな感覚を持っている。また、富が蓄積されたので、市内の中心にある大聖堂など、文化遺産も立派だし、芸術面でも、バーゼル美術館のように、いい作品を所蔵している場所がたくさんある。建築の世界でも、世界中から注目されている建物があったりする。
 泊まる所は、昨年に続いてドイツのフライブルクという古い城塞都市で、ここもまた味わい深い街だ。毎日、インターシティーエクスプレスというドイツ鉄道の立派な特急列車で通うことになる。
 写真は送れないけど、テキストだけでも更新できるかも知れない。が、いつも訪問させてもらっているウェブサイトは、向こうでも閲覧できるはずなので、コメントをお送りすることはできるだろう。
 桜の開花を見ずに日本を離れ、戻ってくる時には散っているだろう。それが心残りだが、元気で行ってきます。
(shot:04/04/16)
b0022268_23411329.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-03-28 23:48 | Basel in Switzerland | Comments(14)