カテゴリ:to Milan, in Milan( 7 )


2013年 05月 27日

タチアオイ。

134号線沿い、由比ヶ浜。同じ場所に、一年経ってまた同じ花が咲く。それを見るのは嬉しいこと。

b0022268_20375232.jpg


by hirofumi_nakayama | 2013-05-27 20:39 | to Milan, in Milan | Comments(6)
2007年 04月 20日

終着駅の夜。

 ミラノ・サローネが開催される時期には、世界中からいちどきに20万人がミラノに集結すると言われる。ミラノ市内にホテルが取れず、ミラノから列車で1時間ほどの距離にある、コモ湖のほとりに位置するレッコという街に宿を確保し、毎日、ミラノに通勤した。
 ミラノ市内のレストランで夕食を食べたあと、ミラノ・チェントラーレ駅で、レッコに向かう終電を待つ。
 ミラノ・チェントラーレ駅は、朝から晩まで人混みの絶えない大きな駅だ。が、東京駅や新宿駅より、人の温度が高く、人の印象が濃いように感じられる。
 気まぐれにカメラを構えてシャッターを押していると、すぐそばにいたカップルのうちの若い男性がつかつかと近づいてきて、イタリア語で話し掛けてきた。「俺たちを撮ってくれ」と言っていることはすぐに分かった。
 カメラを構えると、二人はすっと寄り添ってポーズを作った。最初の3カットは捨てるつもりでシャッターを押し、「リラックス」と英語で言いながらシャッターを押したのが、この写真。
 すぐに、肩を抱いたままの二人にカメラの液晶画面で写真を見せてあげると、「おお!」と声をあげて喜んだ。彼らは、写真の中にある自分たちのパッションを確認すると、プリントして送ってくれとも言わず、深くうなずいて去っていった。

b0022268_125119100.jpg


More

by hirofumi_nakayama | 2007-04-20 23:58 | to Milan, in Milan | Comments(0)
2007年 04月 19日

ミラノの街角風景。

一度訪れたことのある風景に出会うのもまた楽しいこと。
b0022268_218254.jpg

b0022268_219241.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-04-19 21:09 | to Milan, in Milan | Comments(4)
2007年 04月 18日

RISTORANTE BAGUTTA。

2年ぶりのミラノだ。シェフの表情を見て、ミラノが自分を暖かく迎えてくれたことを確認した。

b0022268_713654.jpg



b0022268_7151440.jpg

b0022268_7155619.jpg

b0022268_717729.jpg

b0022268_7174749.jpg

b0022268_7183410.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-04-18 23:58 | to Milan, in Milan | Comments(2)
2005年 04月 16日

ミラノの続き:街のスナップ

 スイスのトラムは緑色。オレンジ色のトラムを見ると、ああミラノに来たんだ、という実感が湧く。
 金曜日までに終えようと思っていた旅をなぞらえる作業が一日こぼれてしまったが、今日でひとまず、丸にする。キスデジNという親友ができた長い旅だった。明日から、七里ヶ浜に戻ろう。
b0022268_22271024.jpg
b0022268_22274491.jpg
b0022268_2228431.jpg
b0022268_22282218.jpg
b0022268_23453292.jpg
b0022268_22284538.jpg


More

by hirofumi_nakayama | 2005-04-16 22:41 | to Milan, in Milan | Comments(4)
2005年 04月 15日

イタリア、ミラノ、晴。

 オフの一日ができたので、ミラノに昼飯を食べに行った。
 列車でドイツからスイスを縦断してイタリアに至る片道6時間の旅。スイスの首都であるベルンを通過したあと、左右の窓にアルプスの景観を眺めながら、徐々にイタリアに向かって下って行く。
 イタリアとの国境を過ぎ、コモ湖の脇を通ってミラノに至る旅は、それだけで十分に堪能できるグランドツアーだ。そうそう、コモ湖には、オーシャンズ12のライバルである大泥棒のナイト・フォックスの豪邸もある。
 朝の5時過ぎにフライブルクを発ち、11時前にミラノ・チェントラーレ駅に着いた。
 モンテナポレオーネ通りの裏手、バグッタ通り14番地。トラットリア・バグッタ。12時半の開店と同時に店に入り、2時過ぎまで過ごした。
b0022268_239511.jpg
 バグッタは、1924年に開店した歴史あるレストランで、トラットリアの中のトラットリアと言われているし、文学者、画家、ジャーナリストたちの溜り場であったここで、自然発生的に最初のイタリア文学賞が提唱されたことで知られている。賞の設定に至るいきさつも、その場に居合わせた画家のマリオ・ヴェラーニ・マルキがメニューの裏に書いた人物画のことも逸話になって残っている。それをきっかけに描き残し始めることになった170点に及ぶ彼の絵が店の壁に飾られている。
b0022268_2314524.jpg
b0022268_23362040.jpg
b0022268_23264086.jpg
b0022268_23431765.jpg
 アンティパストに、ビールに、パスタはリングィーニ・ア・ラ・ボッタルゴ。ボッタルゴは、ある魚の卵を乾燥して固めたものだそうだ。
b0022268_2327168.jpg
店を出て、モンテナポレオーネ通りを見ると、颯爽として女性が歩いていた。その完璧な歩くフォームに感動した。
b0022268_23493968.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-04-15 23:51 | to Milan, in Milan | Comments(9)
2005年 04月 15日

スイスからミラノへ下る。

b0022268_0141312.jpg
b0022268_0143152.jpg
b0022268_024765.jpg
b0022268_0173015.jpg
b0022268_015455.jpg
b0022268_0152039.jpg
b0022268_0153684.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-04-15 23:00 | to Milan, in Milan | Comments(0)