カテゴリ:Oregon in USA( 9 )


2009年 06月 26日

オレゴンだより・追加レポート。

先輩から電話があった。
「ユージーンに行って、あの本屋行かなかった?」
「行きましたよ」
「何で、見せてくれないの」
「ああ」
「パウウェルズもいいけど、ユージーンのあの本屋、めったにないよ」
「そうです」
「じゃ、何で」
「ちょっと、出しそびれて」
「じゃあ、頼むよ」
「はい」
スミス・ファミリー書店。ユージーンにある大きな古本屋だ。日本にはないスケールとマネジメントがある。棚の前に、山と本が積まれている。
b0022268_21355615.jpg

本を収納するお店の人。隙間を探して苦労しているようだ。
b0022268_21384813.jpg

客は、椅子にゆっくり腰掛けて本を読み、吟味する。
b0022268_21393490.jpg

二階にも、本が所狭しと置かれている。
b0022268_2140298.jpg

窓の外に、木の緑が見えるのは、ユージーンだから。
b0022268_21412685.jpg

スティーブ・マカリーの写真集、「PORTRAITS」を、13ドル、ざっと1300円。それにスーザン・ソンタグの「IN AMERICA」を4ドルで購入した。
b0022268_2145214.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-06-26 21:46 | Oregon in USA | Comments(6)
2009年 06月 19日

オレゴンだより(7) 番外篇・ポートランドの早朝ジョギング。

ユージーンから流れが続くウィラメット川が、ポートランドを守るように流れている。リコーGRデジタル2を左手に握って、ダウンタウンにあるホテルから川に下り、河岸を走った。
西岸からダウンタウンを展望する。カルガモが列を作って川を流れていく。
b0022268_23442578.jpg

東岸はトム・マッコール河岸公園。
b0022268_2346590.jpg

ポートランドのランドマークの一つになっているスチールブリッジは、1912年に完成したトラス橋だ。船を通すために真ん中が上下し、バイクと歩行者専用の通路と二層デッキになっている。
b0022268_2347817.jpg

東側のトレイルをスチールブリッジまで走って西岸に渡り、ホーソーンブリッジを渡って、再び西岸を走る。バイクと歩行者のために確保された道は、合理的な道路表示によって、さらに歩行者をバイクから守る。
b0022268_23494471.jpg

きれいな船は海事博物館。

b0022268_23524769.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-06-19 23:53 | Oregon in USA | Comments(0)
2009年 06月 18日

オレゴンだより(6) 天気は晴。

無事、日本に帰国したが、長い話があった。ポートランドから一気に成田に飛ぶはずだった便が、アラスカの火山の噴火活動の影響によって重量制限が課され、チェックインを済ませ、荷物もすでに飛行機の中にある、われわれ夫婦を含む40人が積み残された。2時間以上かかったやりくりのあとに、われわれ夫婦はコロラド州フェニックスに回ってその地で1泊し、翌朝フェニックスからユタ州ソルトレークシティーに飛んで、ソルトレークシティーから成田への直行便に乗った。大きな回り道をせざるをえなかったこの間に待ち構えていた、さらに話が長くなるので割愛するさまざまなトラブルを切り抜け、成田に一足先に着いていた荷物をピックアップし、七里ヶ浜に予定より一日余計にかかって帰ってきた。
さて、ポートランドは、一年で最も気持ちのいい季節を迎えていた。カフェの店先を見て、そのことが分かった。客は、店の外でのんびりと陽を浴びている。「ポートランドに来たら、何はなくともパウウェルズである」と翻訳者の柴田元幸さんが言うパウウェルズ書店のすぐ近くにあるこのカフェは、「coyote」のオレゴン特集で、若木信吾さんも撮影している。

b0022268_045425.jpg


パウウェルズ書店。

by hirofumi_nakayama | 2009-06-18 23:59 | Oregon in USA | Comments(6)
2009年 06月 15日

オレゴンだより(5) コロンビア峡谷。

ポートランドから、ワシントン州と境界を分けるコロンビア川をさかのぼる。見事な景観が広がる。
b0022268_15281196.jpg

全米で第2の標高差があるという滝を見る。
b0022268_15345120.jpg

オレゴンはビールの醸造が盛ん。さらに川をさかのぼり、フードリバーの町で、みずからビールを醸造するレストランでビールを飲み、
b0022268_15294080.jpg

醸造所を見せてもらう。
b0022268_1531833.jpg

夜もまた、オレゴンのビールを飲む。
b0022268_1537149.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-06-15 23:59 | Oregon in USA | Comments(2)
2009年 06月 14日

オレゴンだより(4) ポートランドへ。

ドライバーとガイドの役を息子に託し、国道5号線を北上して、ポートランドに移動する。
b0022268_156144.jpg

b0022268_1571721.jpg

オレゴン州第一の都市ポートランドは、ユージーンと同じように緑濃く、花に彩られた、洗練された都会だった。坂道のある町をストリートカーが走り、サンフランシスコを連想させる。
b0022268_1516490.jpg

b0022268_1517346.jpg

b0022268_1519778.jpg

なぜ自転車に乗った男性がアメリカの国旗を担いでいるのか、わからない。
b0022268_15205721.jpg

b0022268_1523457.jpg

ここでもまた、自転車が町の主役の一つを担う。バイクタクシーに乗った女性が手を振った。
b0022268_15271377.jpg

自転車の半分がマウンテンバイクだったユージーンに対し、都会のここでは8割がロードバイクという印象。おしゃれなロードバイクが停まっている。
b0022268_153018100.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-06-14 23:59 | Oregon in USA | Comments(7)
2009年 06月 13日

オレゴンだより(3) 卒業式の日。

ユージーンの町を流れるウィラメット川の南側のバンクは、公園になっていて、長い遊歩道が整備されている。朝、走りにいったら、強い雨が降ってきた。
b0022268_163981.jpg

あわててホテルに戻る。が、サタデーマーケットが始まる10時までには、雨が上がり、
b0022268_16425499.jpg

陽が射して、子どもたちの笑顔が見えるようになり、
b0022268_16364821.jpg

午後になって卒業式が始まるまでには、気持ちのいい青空が広がった。
b0022268_1664636.jpg

そして、無事、卒業式が終わる。
b0022268_167343.jpg

息子と別れ、この天気をいつくしむために、ふたたびウィラメット川のバンクに走りにいく。
b0022268_169068.jpg

b0022268_1694071.jpg

b0022268_16101816.jpg


More

by hirofumi_nakayama | 2009-06-13 23:59 | Oregon in USA | Comments(2)
2009年 06月 12日

オレゴンだより(2) クレーターレイク国立公園。

明日の卒業式を控えた息子の一日の自由時間をもらって、息子の運転するクルマで、ユージーンから南へ2時間半、オレゴン州にあるクレーターレイク国立公園を訪ねた。
7700年前の噴火によってマザマ山が消え、そのあとに残ったカルデラに、雪と雨がもたらした水が溜まり、最も深いポイントで593メートルある深い湖ができた。全米で第一、全世界でも7番目の深さだ。湖面の標高は1882メートル。湖を望むリム・ヴィレッジの標高は2165メートルの高い位置にある。

緑の影が濃いコーヒーショップで朝のコーヒーを飲んだあと、出発。
b0022268_1525660.jpg

国道5号線を南下する。
b0022268_1541491.jpg

しだいに、木が高くなり、
b0022268_156456.jpg

雪をいただく山が見え、
b0022268_1565029.jpg

クルマが高度をかせいでいくと、雨が降り、霧が流れる。
b0022268_1581641.jpg

霧が晴れ、ついに、湖が見える。
b0022268_15101997.jpg

すると、どんどん雲が切れていき、深いブルーの色をたたえた湖がその美しさを見せた。
b0022268_1532967.jpg

ふと横を見ると、<Golden−Mantled Ground Squirrel>という名前のリス。
b0022268_15234134.jpg

b0022268_1524112.jpg

帰り道に、小さな町にあったパブのようなレストランに寄って食事をする。
b0022268_15255951.jpg

窓からロードムービーにあるような景色が見え、
b0022268_15265865.jpg

レストランの裏には、小さな花壇。
b0022268_15274434.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-06-12 23:59 | Oregon in USA | Comments(4)
2009年 06月 11日

オレゴンだより(1) 緑と自転車の町、ユージーン。

ポートランドを経由して、<UO>と略称で呼ばれる州立オレゴン大学のあるユージーンに到着した。
丘の上から望むとどこに道があるのか分からないくらい、町は大きな木に覆われている。その美しい町の中心に大学があった。ひっきりなしに自転車が行き交う。大学の中だけでなく、町の中の右を見ても左を見ても自転車が通り過ぎていく。「どのくらいの自転車があるのですか?」とユージーンに住むアメリカ人に聞くと、「きっと、15万人の人口と同じくらい」と笑っていた。
b0022268_15333679.jpg

b0022268_15285923.jpg

b0022268_15292548.jpg

b0022268_1530288.jpg

b0022268_1532457.jpg


More

by hirofumi_nakayama | 2009-06-11 23:59 | Oregon in USA | Comments(4)
2009年 06月 10日

旅立ち。

アメリカの大学に留学していた息子が、無事、卒業することになった。その卒業式に列席するため、妻と二人で、明日、アメリカのオレゴン州ユージーンに向けて発つ。
ちょうど一年前に発刊された雑誌<coyote>のオレゴン特集を見る。オレゴン第一の都市、ポートランド在住の映画監督、ガス・ヴァン・サントは、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」を監督した。マット・ディモンがみずから脚本を共作した作品に俳優として映画界にデビューした作品だ。アメリカの代表的短編作家の一人、レイモンド・カーヴァーは、オレゴンで生まれている。
Go!Go!Oregon、明後日からは、「オレゴンだより」を掲載しよう。
(CANON EOS 40D)
b0022268_21233525.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-06-10 21:25 | Oregon in USA | Comments(4)