カテゴリ:in the home garden( 250 )


2017年 03月 06日

花びらに雨露。

一日中、小雨が降った。ベランダに咲いた花が花びらに雨露を宿している。

一粒の雨しずく知る冬の花





b0022268_20443116.jpg






by hirofumi_nakayama | 2017-03-06 20:35 | in the home garden | Comments(0)
2017年 02月 09日

庭のラッパ吹き。

小雪が舞うほど寒かった。が、庭に咲いた水仙の花は寒さ知らず。
この二週間ほど、同じ姿勢で二つの花が寄り添っている。


b0022268_20292581.jpg












by hirofumi_nakayama | 2017-02-09 20:37 | in the home garden | Comments(0)
2017年 02月 04日

立春の梅。

昨夜節分の豆撒きをして豆が散らばる庭に立つと、梅の木に花が咲いている。
今日は立春。絵に描いたように順序立てて季節が変化していく。

b0022268_19530081.jpg







b0022268_19491927.jpg


by hirofumi_nakayama | 2017-02-04 20:38 | in the home garden | Comments(2)
2017年 02月 02日

庭の冬日。

暖かい陽射しが庭に注いだ。ノジギクの一種だろうか、庭の一隅にある菊。
その乾き切って残った枯れ葉が陽射しを受けると、緑色の時代よりも艶やかに見えた。

b0022268_19113205.jpg


b0022268_19115320.jpg





by hirofumi_nakayama | 2017-02-02 20:31 | in the home garden | Comments(2)
2016年 12月 18日

ラッパ吹き鳴らして。

枯葉色が目立つ庭に、水仙の花が咲き始めた。
ラッパに見える副花冠の黄色い筒から音が鳴るようで、庭がにぎやかになった。

b0022268_18323612.jpg



by hirofumi_nakayama | 2016-12-18 20:35 | in the home garden | Comments(2)
2016年 12月 07日

ルノワールの暖色。

印象派の画家、ルノワールの暖色を、蔦の紅葉が再現している。



b0022268_18340138.jpg



by hirofumi_nakayama | 2016-12-07 20:31 | in the home garden | Comments(2)
2016年 11月 30日

秋の陽だまり。

秋の陽だまりはススキの穂。
もし、穂の間に漂うことが出来たら、ふわふわして気持ちよさそうだ。


b0022268_19525028.jpg


by hirofumi_nakayama | 2016-11-30 20:39 | in the home garden | Comments(0)
2016年 11月 19日

宝島の地図・2016。

ほぼ赤い火山灰で覆われた島の北側。入江の奥に唯一の港がある。
港を起点に四方に道が伸び、その道がまた小さな枝道に分かれている。
南半分の未開拓のエリアは、地図が損傷したのか、ぼんやりしている。
さて、宝物はいずこに。




b0022268_1842490.jpg


by hirofumi_nakayama | 2016-11-19 20:33 | in the home garden | Comments(0)
2016年 11月 11日

濡れ色の秋。

午前中、冷たい雨が降り、しっとりした風情を庭に作り出した。
Autumn red, wet and delicate.

b0022268_18104755.jpg


by hirofumi_nakayama | 2016-11-11 20:31 | in the home garden | Comments(0)
2016年 11月 07日

庭にメジロ。

庭にあるヤマボウシの木が紅葉した。メジロが飛んできてヤマボウシの枝に止まった。
垂直に近い角度で立った小枝をしっかり両足でつかみながら、顔は別の方向を向いているので、お腹を見せる珍しいポーズを見せてくれた。
隣のヤマモモの葉の間に移動してしばらくじっと潜んでいたが、ふっと思いたったようにまた飛び立っていった。

b0022268_1881571.jpg


by hirofumi_nakayama | 2016-11-07 20:35 | in the home garden | Comments(0)