<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 30日

地に錦秋。

北の丸公園の続き。欅の落葉が積もった草原の先に、桜、欅、銀杏、ニシキギ、ハナミズキの紅葉を見る。
(07/11/29 ROCOH Caplio GX)
b0022268_23113632.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-11-30 23:06 | in Tokyo | Comments(2)
2007年 11月 29日

秋星空。

昼休みに、北の丸公園。色を散らしながら、枯れ葉が星のように空を舞う。
ここも、千代田区の一画。
(RICOH Caplio GX)

b0022268_23144295.jpg


More

by hirofumi_nakayama | 2007-11-29 23:20 | in Tokyo | Comments(8)
2007年 11月 28日

赤提灯祭り。

焼肉屋とおでん屋の並んだ一角から、右に足を向けると、赤提灯が並んでいる。ここは、中心に皇居がある千代田区の一隅。
(07/11/27 RICOH Caplio GX)

b0022268_22433971.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-11-28 22:44 | in Tokyo | Comments(4)
2007年 11月 27日

赤提灯の誘惑。

眼が、自然に「あったかいwith酒」を求めているようだ。
(RICOH Caplio GX)
b0022268_22455031.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-11-27 22:46 | in Tokyo | Comments(4)
2007年 11月 26日

呼吸が見え始めた空。

夜明けから暫くたって明るくなると、瞬間瞬間に表情を変える空の動きがよく見えるようになった。
(CANON EOS 40D)
b0022268_22522659.jpg


More

by hirofumi_nakayama | 2007-11-26 22:53 | in our town | Comments(0)
2007年 11月 25日

小春日和の窓辺。

風もなく、走り出すとすぐに汗が滲み始めた暖かい一日。鎌倉山の「fの家」の前を通りかかる。この季節になって、やっとこの時間のこの窓ガラスに青空が映るようになる。
(CANON EOS 40D)
b0022268_1927539.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-11-25 19:28 | in our town | Comments(4)
2007年 11月 24日

ひとごこち海岸。

由比ヶ浜と稲村ヶ崎の間にある坂ノ下の海岸は、漁港が構える浜辺なので、サーファーもウィンドサーファーも侵入しない。ランニングの途中に、生活のにおいが色濃く漂う海岸に足を止めて、暫し眺めることにしている。働いている方々を邪魔しないように、遠くからカメラを構える。
(CANON EOS 40D)
b0022268_19455227.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-11-24 19:46 | sea,shore,beach | Comments(2)
2007年 11月 23日

七里ヶ浜の夕景・11月23日篇。

七里ヶ浜に戻ってくると、陽が沈む頃には、この浜辺に立つ。陽が沈みきるまで、夕陽を見続ける。
(CANON EOS 40D)
b0022268_1954162.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-11-23 19:55 | sea,shore,beach | Comments(6)
2007年 11月 22日

群馬県、赤城町。

旧赤城村。山の景色と里の景色を並べて、ひと時を沈潜した地に別れを告げよう。
(07/11/18 CANON EOS 40D)
b0022268_22244198.jpg

b0022268_2225380.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-11-22 22:25 | away from home | Comments(4)
2007年 11月 21日

銀河鉄道。

空の中にあいた四角い窓の奥に、隣の空。
人差し指を縦にして唇に押さえるよりもっと軽やかに、
スクリーンの隙間をくぐって、
あちらの空からやってきた。
空から空に飛び移って、鉄橋に乗っかり、勢いをつけてまた空中に浮かぶまでの数瞬間。
その間に、汗は全て煙にして空に返す。
石造りの橋桁が見えるだろうか。
この鉄路は、見かけよりスプリングが利いている。
全身の筋肉を緊張させ、
ビーっと呼気を集めて、一気に汽笛にして鳴らす。
川の上を漂う冷気が黒い肌をなめる。
自分の体の隅々まで、血管が息づいているぞ。
どこにでも行けると感じるあの瞬間がやってきた。
いいぞ、いいぞ、いくぞ、・・・飛ぶぞ。

高橋さんの作品の額。ガラスに映った景色と一緒にカメラに収めた。
(07/11/18 CANON EOS 40D)
b0022268_22223673.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-11-21 22:23 | away from home | Comments(8)