<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

夕立。

夕刻、にわか雨が降ったあと、一瞬だけ虹が見えた。虹が消えると、もこもことした夏のような雲が現れた。
(CANON EOS 5D Mark 2)

b0022268_2171263.jpg

b0022268_2175074.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-06-30 21:20 | sea,shore,beach | Comments(10)
2011年 06月 29日

真夏日の緑陰。

木陰に立つと気持ちよさが際立つほどの強い陽射しが注ぐ一日だった。遠足だろうか、修学旅行だろうか、小学生や中学生が目立つ鎌倉の街。緑を伝って歩いていく。
(CANON EOS 40D)

b0022268_21314265.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-06-29 21:32 | in Kamakura city | Comments(2)
2011年 06月 28日

梅雨のあいまの夏日。

強い陽射しが注ぎ、時間がたつに従って気温が上がった。扉の隙間からワッと夏が踊り出てきたような一日となった。七里ヶ浜の海辺は、その夏の海を楽しむ人々でにぎわった。
(RICOH GR DIGITAL 3)
b0022268_21445230.jpg

b0022268_21452125.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-06-28 21:46 | sea,shore,beach | Comments(0)
2011年 06月 27日

江の電とアジサイ。

沿線にアジサイが咲く。雨が降ったあとでもからっとした空気を感じることのできたロンドンから見ると、強い湿気によって鎌倉の山かげの景観とその色彩が作られていると改めて思う。
(CANON EOS 5D Mark 2)

b0022268_2143242.jpg

b0022268_2144324.jpg


今日の空。

by hirofumi_nakayama | 2011-06-27 21:45 | in Kamakura city | Comments(7)
2011年 06月 26日

海へ。

イギリスを離れて、そろそろ体中が海の風に染まってきた。「七里ヶ浜だより」に戻ることにしよう。何でもないような見慣れた海の景色に心がなごむ。
(RICOH GR DIGITAL 3)

b0022268_21122081.jpg


七里ヶ浜の日常の風景。キーワードの一つはサンダルだ。
b0022268_2114660.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-06-26 21:15 | sea,shore,beach | Comments(10)
2011年 06月 26日

旅の余韻・記憶の断片

未だに頭をよぎる旅行の記憶。

コッツウォルズのバラ。
b0022268_12554718.jpg

やわらかい光。
b0022268_12541068.jpg

ロンドンの街。
b0022268_920524.jpg

b0022268_9281318.jpg

街角の壁画は芸術品。
b0022268_130321.jpg

b0022268_9374965.jpg

b0022268_9334750.jpg

ロンドンの街は、坂らしい坂がないし、自転車が市民の足として定着している。
2階建てバスの2階最前席から撮影した。
b0022268_1321931.jpg

一日のうちに四季が展開すると言われるほど、天気の変化が忙しいロンドン。これがロンドンの空。
b0022268_1323916.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-06-26 13:05 | England | Comments(4)
2011年 06月 25日

旅の余韻・酒の香り篇

やっと体が回復し、午前中のランニング、ビールをはさんで午後のテニスという週末のルーティーンに戻った。が、頭の中にはまだイギリスの記憶。お酒の香りがよみがえる。

チェルトナムの郊外にある気持ちのいいパブ。
b0022268_2049312.jpg

地元の醸造所で醸成したエールビールも美味しかったが、ラガーを所望すると、ベルギー産の「STELLA ARTOIS」を勧められた。小さな泡がグラスの底からいつまでも立ち上がっていた。
b0022268_20524462.jpg

おいしかった。飲み干すの時間はかからない。
b0022268_20541714.jpg

チェルトナムのホテルのバー。美人のウェイトレスはビッキーという名前。
b0022268_8205110.jpg

コッツウォルズの小さな村、ロウアー・スローターのマナハウス。ゆったりしたビールを飲んだ。
b0022268_9435034.jpg

ロンドンの郊外、メリー・ポピンズが家庭教師をしていたという舞台、ピーター・バラカンが育ったという街、ハムステッドに行ってみた。昼飯はパブでビール。
b0022268_2185375.jpg

b0022268_5405642.jpg

ロンドンの街の中では、パリとイメージがだぶることがある。
b0022268_2141751.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-06-25 21:14 | England | Comments(0)
2011年 06月 24日

朝日・夕日

ヒースローから羽田までブリティッシュ・エアウェイズの直行便。羽田に着く直前に窓の外に朝日が見えた。朝8時に家に到着してぐに床に突っ伏し、眼が覚めると夕陽の見える時間になっていた。

b0022268_21184213.jpg

(RICOH GR DIGITAL 3)

b0022268_21192833.jpg

(CANON EOS 5D Mark 2)

by hirofumi_nakayama | 2011-06-24 21:20 | away from home | Comments(4)
2011年 06月 22日

イギリスだより・フェアウェル

明日の朝、ヒースロー空港を発って一気に日本へ。今日が最後のロンドンの夜。語り尽くせないさまざまな印象を胸に残した。
(CANON EOS 5D Mark 2)
b0022268_7243065.jpg

b0022268_725917.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-06-22 23:58 | England | Comments(2)
2011年 06月 21日

イギリスだより・ウィンブルドン

せっかくロンドンにいる間に、ウィンブルドンが始まった。天気もいいし、これは行ってみるしかない。2時間並んで会場に入った。第12コートの錦織圭のゲームを見に行ったが、予めシートのチケットを手にしている人だけがゲームを観戦できる。どの隙間からも覗き見ることは出来なかった。レイトン・ヒューイットと対戦して敗退したようだ。
プレーの一つ一つが想像以上に早くて、写真でプレーをとらえるのに苦労した。
(CANON EOS 5D Mark 2)

b0022268_7501535.jpg


More

by hirofumi_nakayama | 2011-06-21 23:58 | England | Comments(8)