2017年 08月 17日

雨上がりの夏。

やっと重たい雲が動いて雨が上がり、空が開いて時々青い空も見えた。
坂ノ下の海岸。青い水玉模様の旗は、天気の回復を知らせるものだろうか。


b0022268_19062035.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2017-08-17 20:31 | sea,shore,beach | Comments(2)
2017年 08月 16日

キンミズヒキの雨玉。

庭に咲き始めたキンミズヒキの花穂の一つに、雨粒が宿る。
雨粒は、その花穂の花芯を封じ込めている。


b0022268_19003381.jpg


全体像。

# by hirofumi_nakayama | 2017-08-16 20:33 | in the home garden | Comments(0)
2017年 08月 15日

トンボの休息。

昨日の写真。雨と雨の間に休息しているように見える庭に飛んできたトンボ。
サラサヤンマかとも思ったが、友人の昆虫学者に写真を送って確認してもらったら、シオカラトンボの雌であろうと回答があった。翅胸(翅のついている中胸と後胸)側面の黒条と腹部の節間の黒い模様と腹端の白色からそう判断できるそうだ。また、ヤンマ類は総じて体全体に比べて目が大きく、腹部が長いとも付け加えてあった。

b0022268_19062042.jpg



# by hirofumi_nakayama | 2017-08-15 20:34 | in the home garden | Comments(2)
2017年 08月 14日

曖昧な夏。

朝から音のするほどの雨が降った。昼前にその雨が止んだと思ったら、その後、また降っては止むの繰り返し。強い湿気が肌にまとわる梅雨のような一日だった。
海もまた、夏の気配を消した淡彩に染まっている。



b0022268_19095751.jpg





# by hirofumi_nakayama | 2017-08-14 20:33 | sea,shore,beach | Comments(0)
2017年 08月 13日

テーマは夏の江の電。

よく茂った緑濃い夏の木立の間をすれすれに走り抜けていく。こんな電車は世界中に江の電しかないだろう。
「夏の江の電」というテーマで写真を撮ろうとカメラを手に走った今日の結論の写真になった。


b0022268_20254577.jpg




# by hirofumi_nakayama | 2017-08-13 20:32 | in Kamakura city | Comments(6)
2017年 08月 12日

夏日スタンプ・七里ヶ浜遊歩道。

雨の音で目が覚めた朝。昼を過ぎて雨が止むと、次第に雲が切れ晴れ間が出た。
夏日の印象をスタンプにして紙に刻印するように、先週の日曜日の七里ヶ浜遊歩道の写真を掲載した。
海と空は青く、白い雲が浮かび、渋滞した134号線の先に小動崎が見えている。


b0022268_19005628.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2017-08-12 20:33 | sea,shore,beach | Comments(2)
2017年 08月 11日

雨宿しのネコジャラシ。

霧雨のような雨が一日中降ったり止んだり。「鬱陶しいお天気で」、「ほんとに」とご近所の方々が挨拶を交わして通り過ぎていく。
晴れれば晴れるで熱中症が心配だけど、涼しくても薄暗い夏は気が塞ぐのだろう。
が、小さな丸い雨粒を宿した野草のネコジャラシは、爽やかな顔で泰然と輝いている。


b0022268_18342649.jpg


白ひげモンスター。

# by hirofumi_nakayama | 2017-08-11 20:35 | in our town | Comments(2)