2005年 02月 18日

七里ヶ浜の行進。

おだやかなこの日、海に波は無く、浜辺に暖かい日が注いでいた。サーファーの姿が一人として無く、浜辺を歩く人だけが見えて。例えば渋谷の駅前にクルマが消えたような、珍しい光景だった。浜辺の人々の歩く姿に勢いがあると思って暫く見ていたら、海岸のゴミを拾うボランティアの方々だった。
(photo:05/02/12)
b0022268_1793170.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-02-18 22:19 | sea,shore,beach | Comments(8)
2005年 02月 16日

坂ノ下のワカメ干し。

カメラを構えてシャッターを押した瞬間、左の隅から、作業していた年配の女性が顔を覗かせた。手を振ると、こっくりこっくり頷いて、笑いながら背中を見せて去っていった。(photo:05/02/12)
b0022268_17152954.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-02-16 22:06 | sea,shore,beach | Comments(9)
2005年 02月 15日

坂ノ下の風景。

今日は、カメラを置いて仕事に出た。
土曜日に撮影した坂ノ下の風景を。海岸に陽が当たって、浮き浮きしていた。
(photo:05/02/12)
b0022268_2373474.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-02-15 23:09 | sea,shore,beach | Comments(6)
2005年 02月 14日

レポート。

花屋のショーウィンドーに、ハートの形のリースがあった。今日は、バレンタインデー。
b0022268_22155741.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-02-14 22:18 | in Tokyo | Comments(6)
2005年 02月 13日

広町の森、冬のアブストラクト。

広町の森に色彩が乏しい時期。水たまりのような小川の水面の上に、広町の森の表情を発見した。冬景色の化石が描かれたようだった。
b0022268_20505988.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-02-13 20:56 | in Hiromachi Woods | Comments(2)
2005年 02月 13日

由比ヶ浜、浜辺の足取り。

 坂ノ下から由比ヶ浜を望むこの写真が気になっていた。何気ない平凡な写真。一日一葉と決めた写真日記なので、選択から外した写真。何を表現したかったのか、なぜシャッターを押したのか、よく分からなくなっていた。
 この日、波は無くサーファーはいない。うそ寒く、曇り日。光と影のドラマもない。観光客の喧噪も、凧上げも、バーベキューを楽しむ人の姿もない。ここは、坂ノ下の西端。左前方に坂ノ下の漁港と、由比ヶ浜と、浜辺の先に祇園山と名越の丘が見えるばかり。
 が、生活が見える。漁港があり、ワカメ干しの作業所でワカメを買ったあとに浜辺を歩く人、犬を連れて散歩する老人、、、。由比ヶ浜の素顔があった。
(photo:05/02/13)
b0022268_2241764.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-02-13 00:00 | sea,shore,beach | Comments(2)
2005年 02月 12日

漁港の静寂。

坂ノ下の海岸に情緒。
b0022268_1025259.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-02-12 20:19 | sea,shore,beach | Comments(5)