2005年 03月 15日

浜辺の静寂。

晴れている時にも、そうでない時にも、人がいても、いなくても、浜辺に豊かな静寂を感じる瞬間がある。
(shot:05/03/12)
b0022268_22531254.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-03-15 22:53 | sea,shore,beach | Comments(7)
2005年 03月 14日

ちょっと嬉しい話。

 私の勝手にちょっと嬉しい話に、しばしお付き合いのほどを。
 エスクァイアという雑誌が主催した「エスクァイア日本版 デジタル写真賞 '04-'05」の事務局から、生まれて初めて写真コンテストというものに応募した二つの作品が、A4サイズにプリントされて送られてきた。
 この写真賞の応募は、JPEGデータをインターネットで送る方式。風景部門に応募した自分の2作品が入賞にノミネートされ、「最終審査に残ったので、審査のためにプリントした作品を、記念のために送ります」と説明があった。風景部門では、5589点の応募作品の中から入賞作品の1点が選ばれ、既にエスクァイアの最新号に発表されているので、次点ということだろう。
 写真コンテストのために写真を撮ることは、今までも、これからも、決してない。が、撮影した自分の写真の方向性を客観的に見てもらういい機会となるだろう、そう思って応募した作品が、客観性の頂点である入賞作品を選択するステップを通過していた、そう知って、素直に嬉しい。
 最終審査に何点が残ったのか知らないが、入賞作が優勝なら、自分は決勝戦に残って準優勝だと勝手に断定し、これからおいしいビールを飲むことにする。賞金の10万円は逃がしたが。
b0022268_221433.jpg

b0022268_2214262.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-03-14 22:08 | others | Comments(12)
2005年 03月 13日

陽射しは、春。

昨日の風はおさまり、七里ヶ浜に穏やかな陽が注いだ。砂浜に残る新しい足跡に活気があった。が、午後には、急に雪雲が空を覆い、粉雪が舞った。
b0022268_017647.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-03-13 23:54 | sea,shore,beach | Comments(4)
2005年 03月 12日

波、砕ける。

 一日中、強い西風が吹いた。七里ヶ浜から由比ヶ浜に向かって走っている時には、背中を風に押され、由比ヶ浜から折り返して江ノ島方面に向かう時には、胸に風を受けて体が止まるほどだった。風が運ぶ砂が頬にばちばち当たって痛かった。
 夕刻、海岸に降りると、風に押された波が防波堤に当たって砕けていた。

 
b0022268_2222644.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-03-12 22:02 | sea,shore,beach | Comments(12)
2005年 03月 11日

海藻海岸。

坂ノ下の海岸に海藻が寄せる季節は、もうそろそろ終わる頃だろう。
(shot:05/02/26)
b0022268_8593951.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-03-11 22:41 | sea,shore,beach | Comments(3)
2005年 03月 10日

岩海苔の岸壁。

船を寄せる岸壁に、この季節に岩海苔が張り付く。
(photo:05/02/26)
b0022268_22382526.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-03-10 22:39 | sea,shore,beach | Comments(8)
2005年 03月 09日

広町の森の新色。

昨秋の台風23号の雨と風のために、広町の森の一部で崖崩れによって地形が変わり、池とは呼べない小さな水溜まりが幾つかできた。今では、そこに落葉が沈み、藻が浮かび、新しい色が生まれている。
(photo:05/03/05)
b0022268_2158298.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-03-09 23:15 | in Hiromachi Woods | Comments(8)