2005年 05月 12日

檜洞丸が呼ぶ。

この連休中に行けなかった、西丹沢、檜洞丸の新緑が、瞼に浮かぶ。
(shot:04/04/30・CANON PowerShot A70)
b0022268_230594.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-05-12 22:59 | away from home | Comments(6)
2005年 05月 11日

遅き日のつもりて遠き昔かな 蕪村

日が長くなった。夕方の光を受けた、近所の空き地に咲くセイヨウカラシナを見ると、この時間まで遊んで走り回った子供の頃を思い出す。
(shot:05/05/07)
b0022268_2281632.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-05-11 23:20 | in our town | Comments(4)
2005年 05月 10日

「TARO’S」の団欒。

 稲村ヶ崎の「TARO’S」に触れた翌日に行ってみると、その通りの情景があった。休日の昼下がりには、立派なバイクに乗ってライダーが集まってくる。
 が、右側でグラスを手にして立っている紳士はライダーではない。走っている途中に、散歩している紳士とよくすれ違う。まだ言葉を交わしたことはないが、何年にもわたるので、お互いに顔見知り、と認め合っていると思う。柔和な顔を引き締め、杖を頼りに義足の右足を大きく振り、大きな体を揺すってものすごい勢いで由比ヶ浜の方向から江の島に向かって歩いている。散歩というよりは、競歩のような毅然とした歩きっぷりだ。
 多分、イギリス人ではないかと思っていた。黒ビールのグラスを抱えているところをみると、やはりそうかも知れない。
 この日も、この写真の直前にすれ違った。「TARO’S」の前にいた彼に手を振り、シャッターを押した。
(shot:05/05/07)
b0022268_2238414.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-05-10 22:39 | sea,shore,beach | Comments(16)
2005年 05月 09日

七里ヶ浜の夕景を、もう一度。

今日からまた、足元の先を凝視し続ける慌ただしい日々が始まった。忘れないうちに、ホームグランドの夕景を。
(shot:05/05/07)
b0022268_23465358.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-05-09 23:15 | sea,shore,beach | Comments(8)
2005年 05月 08日

緑陰絨緞。

昨日の午前中の雨を吸った広町の森の木陰から、緑色の生気が放たれていた。
b0022268_2025655.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-05-08 20:04 | in Hiromachi Woods | Comments(4)
2005年 05月 07日

夕景のスナップ。

稲村ヶ崎で。午後から陽が射し始め、気温も上がった。5時過ぎにテニスコートを去ったあと、海岸沿いを走りに行った。134号線も遊歩道も砂浜も、これから迎える初夏の夕陽を待って浮き浮きしているようだった。
b0022268_2265742.jpg


More

# by hirofumi_nakayama | 2005-05-07 21:29 | sea,shore,beach | Comments(10)
2005年 05月 06日

「TARO’S」、2題。

 昨日、海に沿って走っている時、由比ヶ浜の小さなカフェの前に、「TARO’S」の看板と同じロゴを印したハーレー・ダビッドソンを発見した。
「TARO’S」は、古くから稲村ヶ崎にある海に面したバー。一度も入ったことはないけど、長い間、店の灯りや大きな窓ガラスを見守っている。走り過ぎる時、深夜にタクシーでバーの前を通り過ぎる時。時々、週末の昼下がりに走って通りかかると、店の前に立派なバイクが並び、お店の中と外をライダーが楽しそうにうろうろしている。
(shot:05/05/05)
 
b0022268_23554235.jpg

「TARO’S」の店の中を自転車が走っていた。
(shot:05/05/04)
b0022268_2357109.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-05-06 23:59 | sea,shore,beach | Comments(4)