2004年 12月 06日

青空に墨書、まんなかに落款。

04/12/06 Mon.
 力を込め、右下から回して、大きな筆を走らせる。墨が散って、枝がいっぱいできた。
 昨日の風のせいだろう、田安門の脇の大きな桜の木は、ほとんど葉が散って、木の下に立つと、高く青い空が、透けて見えた。
b0022268_23303991.jpg


by hirofumi_nakayama | 2004-12-06 23:33 | in Tokyo | Comments(6)
Commented by ヒロ at 2004-12-07 14:52 x
命を感じるすばらしい写真ですね。
いい写真を見ると写真が撮りたくなります。
Commented by yu-ri628 at 2004-12-07 21:39
素晴らしい「書」ができあがりました、、、。まんなかに決めた落款がステキですね~♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2004-12-07 22:31
ヒロさん、とても嬉しいコメントをありがとうございました。毎回、これでいいのだろうかと思いながら写真を更新していたので、勇気が出ました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2004-12-07 22:33
yu-riさん、落款を初めに見て、書を走らせました。
Commented by 杏子猫 at 2004-12-07 22:55 x
はじめまして。
写真と、それにあるコメントが合いすぎて思わず歓声をあげてしまいました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2004-12-07 23:05
杏子猫さん、はじめまして。手探りで写真を撮っています。誰の真似でもない写真を撮ろうと思って歩いていたら、神様がいい瞬間に、はっと共感するものを与えて下さいました。


<< 緑色と紫色の帽子は、魔法の帽子。      七里ヶ浜の荒波。 >>