2012年 04月 03日

春の使者・続き。

午後、先週の土曜日よりも強い、季節はずれの台風のような風と雨が鎌倉の空を襲った。今日の撮影はかなわず、昨日の広町の森で撮影した写真を掲載しよう。カルガモのつがいが小川を歩いていた。
(12/04/02 CANON EOS 40D)

b0022268_21104756.jpg






b0022268_21112098.jpg


by hirofumi_nakayama | 2012-04-03 21:12 | in Hiromachi Woods | Comments(4)
Commented by 水仙 at 2012-04-04 08:13 x
カルガモの口って青かったんですね。
しかも黄色と青の2色だったとは・・・!
見ているようで見えてませんね。

羽の質感がわかります。しっとり、柔らかそう~。
一枚一枚のグラデーションがこんなにきれいだったなんて♪発見^^
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-04-04 21:19
水仙さん、1メートルほどの距離でカルガモを撮ることができました。落ち着いたつがいの2羽で、悠然と歩いていました。広町の森で出会うのは初めてでした。
Commented by 水仙 at 2012-04-05 00:32 x
広町の森にはカルガモも歩いているんですか・・・!ちょっとビックリ。
ほんと‘宝箱’ですね♪   やっぱり行ってみたいなあ。。。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-04-05 20:51
水仙さん、広町の森は四季それぞれ、びっくり玉手箱です。


<< 春三題。      春の使者。 >>