2013年 06月 24日

をとめらの さざめき高き 薄暑かな。

「をとめらの かんばせ白き 薄暑かな」という天春静堂の句をもじった。初夏になると、夏の装いに変わった女性たちが急にきれいになり、声も高くなる。男たちの声がたくましくなる盛夏までもう少し。
七里ヶ浜テニスクラブのコート脇の芝生の上に咲いたネジバナ。ラン科の植物。もっとも人間に近いところに生えるランだそうだ。

b0022268_20523299.jpg




b0022268_2052443.jpg


by hirofumi_nakayama | 2013-06-24 20:53 | in our town | Comments(5)
Commented by 水仙 at 2013-06-25 08:56 x
ちっちゃくて可愛いランですね(*´`)
このあたりにも咲いてるのかな。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-06-25 20:47
水仙さん、ランの一種だとは信じられませんよね。
陽射しをよく受ける芝生の広場だとかに、この季節、よく咲いています。きっと、そちらでも咲いていますよ。
Commented by 水仙 at 2013-06-26 01:34 x
芝生の・・・
では、学校の校庭とか公園とか♪
注意して見ることにします。
それにしても、nakayamaさんの手にかかると
地味すぎて見えないものも見えてくるから不思議ですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-06-26 21:33
水仙さん、広い芝生のある、陽当りのいい公園が狙い目です。
Commented by tossyk at 2013-06-28 01:02
たしか、昨年もここに咲いていましたね。
ぼくもふだん知らなかったみたいコメントしたら、それを見た友達から どこにでも咲いているよ って言われました。
けど。いまだに見あたりません。


<< 海の風景・空の風景・6月25日篇。      夏の前触れ。 >>