2018年 02月 12日

冬の陽だまり・お店篇。

風が強く冷たくても、陽の当たるお店の窓の中は暖かい。
稲村ヶ崎の江の電の踏切脇にある、干物中心の朝定食と昼定食の店「ヨリドコロ」。
お店の中からお店のすぐ横を通過する江の電を眺めることができるので、江の電の姿を待ってカメラを構えるお客さんが多いことが窓の外からも分かる。


b0022268_17595335.jpg


by hirofumi_nakayama | 2018-02-12 20:31 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by uki at 2018-02-13 17:52 x
ヨリドコロ、江ノ電を間近に見ながら、美味しいゴハンが食べられて、瞬く間に人気スポットになりましたね。
ここで、穏やかに鎌倉時間を過ごすのもいいかなぁ。
Commented by hirofumi_nakayama at 2018-02-13 21:08
昔々は小さな仕立屋さんの店で、細々と商いをしていました。その建屋をそのまま残し、簡単な改装で店が開かれたのでした。
人通りも知れているし、こんな場所で大丈夫かなと思っていたら、しっかり定着しましたね。若い人から年配の夫婦連れまで、客層も幅広いです。
よかった、よかった。


<< あっち向いてホイ、こっち向いてホイ。      白い波打ち際の七里ヶ浜。 >>