2018年 05月 11日

ガラスが受ける春。

爽やかな緑の空気を通り抜けて、春の陽射しが注ぐ。
アンティークショップのウィンドーの中にあるガラス容器。
ガラスの上に、その春の陽射しが刻印されている。


b0022268_19561104.jpg




by hirofumi_nakayama | 2018-05-11 20:32 | in Kamakura city | Comments(0)


<< エゴノキと蜂。      プラハの記憶・番外篇。 >>