2018年 05月 18日

路傍の花。

この季節になると、鎌倉駅に近い江の電の線路脇に咲く花がある。
背景は廃屋のトタンの壁。
変わらない白い花を見て、「私も、こうして生きている」と花に語りかけてシャッターを押す。


b0022268_20215907.jpg







by hirofumi_nakayama | 2018-05-18 20:31 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by uki at 2018-05-19 19:04 x
風通しが良さそうな道端で、野花が自由に遊んでるみたい。
ここはnakayamaさんにとって、ストーリーを感じる場所なのですね。

Commented by hirofumi_nakayama at 2018-05-20 10:04
ukiさん、人通りの多い踏切の脇にある風景ですが、きっと私だけが知っている場所だと思います。


<< 海のスカート。      七里ヶ浜の夕景・5月17日篇。 >>