2018年 06月 02日

谷戸の蛍袋。

花の中に蛍を入れ、小さな提灯のように提げて子どもたちが遊んだことからこの名があるという蛍袋。
下向きの白色の花の上に、そばかすのように淡紅色のドットが花を飾る。
恥じらって人を待っているかのように、顔に紅をさして花がうつむいている。



b0022268_14583554.jpg






by hirofumi_nakayama | 2018-06-02 20:34 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by 水仙 at 2018-06-04 00:47 x
ホタルブクロにはそんな由来があったのですね。
まさに今日、実家近くでこの花に目が止まりました。
なぜだか、今住んでいる地域ではあまり見かけませんが
実家の周りには昔からあちこちに咲いていて、私にとってはあって当たり前のこの可憐な姿です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2018-06-04 20:35
水仙さん、蛍袋、いいですよね。
花自体が大きくてほっこりしていて、ほんとに水仙が言うように、可憐です。


<< 初夏の陽射し。      梅雨前の青空。 >>