2018年 08月 12日

アートの慰安。

鎌倉二階堂、アトリエKIKA。友人のジョージ・ウォレスと佐藤微子(さとうひでこ)さんの二人とテンペラ画の及川泰宏さんの三人展。今日は最終日。


ジョージの作品は、ストーリーを内在して自由に遊ぶモノクロのリトグラフ。
b0022268_19340020.jpg

水彩などの絵具と和紙などの用紙を慎重に選択して、色彩とパターンの調和を描出する佐藤さんの作品。
手札のような和紙に描いたり、小箱の内張りにしたり、さまざまなメディアを使用するのも特徴だ。
b0022268_19474446.jpg

b0022268_19501584.jpg




佐藤さんの絵とストーリーによる童話作品。
それからかれは「なんかちょうだい。」というのではなく、
「これどうぞ!」いうようになりました。
b0022268_19524279.jpg





b0022268_19554971.jpg












by hirofumi_nakayama | 2018-08-12 20:33 | in Hiromachi Woods | Comments(0)


<< 134号線、行合川。      夏の背中。 >>