2005年 09月 21日

季節の階段。

晩夏の光を、初秋の空気が包んだ。久し振りに広町の森の写真。ウルシの木。
(05/09/19 Caplio GX)
b0022268_2292422.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-09-21 22:12 | in Hiromachi Woods | Comments(6)
2005年 09月 20日

窓辺の光。

毎朝見慣れている情景に、改めて眼が留まった。
(05/09/19 Kiss Digital N)
b0022268_1205455.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-09-20 23:59 | in the home garden | Comments(4)
2005年 09月 19日

江の電の旅。

4時過ぎ、お通夜に参列するために、七里ヶ浜駅から江の電に乗って、東京に向かった。この時間に江の電に乗ることはめったにないので、旅している気分になった。30分の1にシャッタースピードを設定して、江の電の車窓から、窓を開けて手を伸ばすと触れてしまいそうに通り過ぎる、近くにあって瞬時に曖昧になる景色を撮った。
(Kiss Digital N)
b0022268_23233050.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-09-19 23:24 | in our town | Comments(6)
2005年 09月 18日

高い空。

庭にイチモンジセセリが飛んできた。ピントを外したけど、秋の空が、写り込んでいた
(Kiss Diigtal N)
b0022268_821718.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-09-18 20:38 | in the home garden | Comments(2)
2005年 09月 17日

七里ヶ浜の夕景・9月17日篇。

b0022268_22244153.jpg


More

# by hirofumi_nakayama | 2005-09-17 22:24 | sea,shore,beach | Comments(4)
2005年 09月 16日

写真論。

「何だ? これ」
「え? ハイビスカス」
「分かってるよ、そんなこと。あたりまえだろ」
「えー・・・」
「何、言いたいの?」
「いや、走ってる時、きれいな家の前に、これ咲いてて、陽が当たっていて、何かの影がかかっていて・・・」
「で、きれいだったって?」
「えー」
「何言ってんの、きれいだけで写真になるか、アホ!」
「いやー、きれいだけで、よかないですか?」
「きれいな写真はゴマンとあるよ。それだけだよ。これで七里ヶ浜かよ」
「すいません。七里ヶ浜に咲いてました。きれいなものしか眼に入らないんです」
「何言ってんだ、その顔で。お前が何感じたか、何にもないよ。整形して出直しておいで。でなけりゃ、自分で眼噛んで死ね!」
「あんまり考え過ぎない方がいいのとちゃいますか。ビール、まずくなりますよ」
「おー、それは大変だ」
(05/09/10 Caplio GX)
b0022268_22493347.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-09-16 22:50 | in our town | Comments(4)
2005年 09月 15日

秋風。

 北鎌倉駅に電車が着いてドアが開くと、一陣の涼風と共に、虫の声が一斉に車内に飛び込んでくる。江の電の七里ヶ浜駅を降りて空を見上げると、高い位置にある明るく丸い月が、流れる雲の間に見え隠れする。
 坂ノ下海岸に静寂。カモメが海に浮かんでいる。
(05/09/10 Caplio GX)
b0022268_21505553.jpg


# by hirofumi_nakayama | 2005-09-15 22:04 | sea,shore,beach | Comments(12)